はっけよ~いのこったのこった!

2014/09/20 Sat

大五郎の手術から約ひと月が経ちましたが、おかげさまですっかり元気になりました。
足のプードルカットと首とお腹とお尻の毛が生えそろうまで多分3か月ほどかかると思いますが、その間はこのヘアカットもご愛嬌ということで

 寅とじっと見合って・・・
IMG_8964_convert_20140920004206.jpg

はっけよ~い、のこったのこった、のこったのこった!





大ちゃんの得意技、寄り切り~。

こんなお相撲ごっこももうへっちゃらです

お腹の傷もとてもきれい。こんな大きな手術・まさにハ~ラキリ~でも皮膚は縫合しないんですねー
中だけ縫って、外傷はテープを4日ほど貼っていただけ。

IMG_8944_convert_20140913143411.jpg

ママのパソコンいじりのお邪魔も復活だよ。
地続きのブログ友のたいちゃんとツーショット。

IMG_8942_convert_20140913143403.jpg

みなさん、ぼくの応援ありがとうございました






よく頑張った大ちゃんにポチットお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

大ちゃん崖っぷちより生還。

2014/08/25 Mon

大五郎、実は水曜日にの緊急手術からずっと危ない状態が続いていました

もうそろそろ2週間前に、突然の発熱に食べなくなり慌てて病院に行き、その時のエコーで腸に炎症があることが判明して、抗生剤で治療をしました。一時は元気になったように見えたのですが、1週間後にはまた同じ症状でぐったりしてしまい、一晩入院して抗生剤の種類を変えて集中治療を試みましたがよくならず、もうすでにかなり状態は弱ってしまっていて新たな抗生物質を試す余裕がなくなってしまって緊急の手術となりました。
病気は人間で言うなれば、ようするに盲腸炎のようなものです。何らかの原因で腸の一部が炎症を起こしてしまったのです。
手術自体はうまく行ったのですが、手術の前日から風邪をひいたようなかんじの鼻炎を起こしていて、それも関係してか術後も何も食べられずみるみるうちに弱っていくばかりで、一度は家に帰ってきたものの、次の朝には病院に戻り、流動食を直接喉の下から流し込むチューブを着ける手術をしました。

チューブを着けて家に帰ってきてからの24時間、クローゼットに隠れるようにいるのでそこに作ってあげたベッドにぐったり、頭は床につけたまま、息は荒く、目を開けることもできないぐらい弱っている姿を見守っているのは本当につらかったです。

でもチューブで流動食と薬をあげだしてから1日半たった昨日の午後、みんなのゴハンの時間にぼくもほしい!とキッチンにやってきたんです!その時はまだ食べられませんでしたが、欲が出てきただけで十分数日ぶりにやっと息をつけました。

今朝の大ちゃんです

IMG_8881_convert_20140825112409.jpg

朝ごはんの時間にはみんなといっしょにキッチンに出てきて、ちょこっとだけ自力で食べられました。それからリビングに行って寅が遊ぶところをじっと見ていました。目つきもはっきりしいます

あ~、峠は越したんだ、とつくづく、しみじみ思えました。
きのうの夜中に、ここ北カリフォルニアでかなり大きな地震があったのですが、その時もちょうど大五郎の様子を見に行ったところでした。うちのモノ共たちは地震の予知能力は全くなかったのですが、階下に住むフレイアちゃんは地震の10分前ほどから吠えていたのです。そして突然やめたな、と思ったら地震が襲ったのでした。フレイアちゃん偉い!

IMG_8883_convert_20140825112432.jpg

まだまだちょっと起きていただけでも体力消耗してしまいますが、食欲、意欲が出てきてやっと安心できました。
この数日クローゼットの床で寝ていた私の腰もホッ

ぼくも心配したよ~

IMG_8882_convert_20140825112422.jpg

真太郎には本当にお世話になりました。大ちゃんの病院の行き来のいくどか、一緒に来てもらったことがどんなに私たちの支えになってくれたことか。家で大ちゃんに薬をあげたりチューブで流動食をあげている間も、いつも心配そうにおとなしく側にいてくれるんです。

寅は、大ちゃんが家に帰ってくると必ず「おにいちゃ~ん」と駆け寄って行って、犬のようにべろべろ大ちゃんの頭を舐めます。でも安静中はちゃんとおじゃましないで、おにいちゃんをそっとしてあげてくれました。

タマは、野生の本能なのでしょう、弱っている者には近づきません。でも悲しい思いをしている私を一所懸命気遣ってくれます。

寅もタマも風邪が移ってしまいましたが、ふたりは健康なので2,3日クシュンクシュンして治ると思います。

み~んなみんな本当にいい子たちです。
この子たちみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。






みんなの応援ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

大ちゃん入院しちゃいました。

2014/08/20 Wed

大五郎が緊急病院にお世話になったのは先週火曜日でした。
あれから抗生物質治療を家でつづけ、3日前にはやっと普通に戻ったようすで寅とじゃれあったりしていたのに、あくる日また同じ症状 ‐ 高熱に食欲喪失でぐったりとしてキャットツリーから出てこなくなってしまいました。
病院に戻って先生と相談して、もういちどウルトラサウンドで腸を見てみました。結果は先週と変わっておらず、良くも悪くもなっていないようだったので、入院して違う種類の抗生物質を点滴で与えて24時間様子を見ることになりました。

IMG_8872_convert_20140820113044.jpg

先ほど病院から帰ってきた大ちゃんです
点滴を両腕にした後が、プードルさんのヘアカットみたいになっちゃいました。

IMG_8865_convert_20140820113033.jpg
それか、白いブーツをはいているみたい

。。。なんとも痛々しいです。
今日午後お家に帰ってきてから、ゴハンはちゃんと食べられたのですが、まだまだ具合がよくないらしく、キャットツリーにほとんどこもったままで、表情もつらそうです。退院した時には平熱に戻って8時間経過していたし、いまのところ熱はぶり返していないようですが、これから数日目を離せない状態が続きそうです。



大ちゃんの応援ポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

大ちゃん一日病院で過ごす・保険に入っていてよかったぁ。

2014/08/14 Thu

おととい突然何も食べ物を受け付けなくなってしまった大五郎に仰天した私
なにしろ食べることという大ちゃん。そんなことは絶対ありえない!
元気なくぐったりとして、どうやら熱っぽい。
一晩様子を見てみましたが、朝になってもキャットツリーにこもったまま、何も食べようとしません。
朝9時にSF Veterenery Specialists動物緊急病院に連れていきました。
ここは私たちが200%信頼を置いているマレツキー先生がいる病院です。

この日緊急担当のハマー先生、とっても若いけどしっかりしていて良い感じ。

大ちゃん、なんと熱が40度+ありました。猫の平熱はだいたい38度ですが、それにしたって高い熱。

まずは血液検査とレントゲンを撮りました。
大ちゃんはめちゃくちゃおりこうで、レントゲン取ったりなにをするにも麻酔やトランキライザーは要らないので安心・助かります。
血液検査の結果、特に何も異状なし。
レントゲンでは腸の一部が膨らんでいて、もしかしたら異物が詰まっている可能性があるが、ウルトラサウンド(超音波)で見るしかないとのこと。
とにかく熱が高く、明らかに異変が起きている。。。原因解明にしかたなく午後からウルトラサウンド検査を受けることになりました。担当はマレツキー先生、ホッ。

私たちは大ちゃんをひとまず病院に預けたまま家に帰り、検査の結果を待ちました。
午後3時過ぎにやっとウルトラサウンドの検査になりました。この時もお腹を添ったり、検査も麻酔系は必要なし。本当に健気なおりこうさんです。

IMG_8741_convert_20140814001233.jpg

検査の結果は、小腸の一部に炎症がありました。でもその原因は不明です。
とりあえず処方された抗生物質を与えて様子をみることに。

大ちゃんの病院へのお迎えには真太郎もいっしょに行きました。
「どっか行くの?ぼくも行く行く!」と言うので、いいよ一緒に行こう~とついてきたものの、病院につくと「えっ、ここって。。。ぼく帰る~」とそそくさとドアに向かう真太郎でした
「まあ、まあ、そう言わずに。今日はぼくは何もされないから安心だよ~」となだめて待合室のみなさんに可愛がってもらって大ちゃんを待ちました。
帰りの車の中では、バックシートにふたり仲良く?(大ちゃんはケージにもちろん入ったまま)納まっていました

家に帰ってから大五郎はちょっとゴハンを口にしましたが、いつもの食欲はまだまだ。熱もまだありました。
そしてまたキャットツリーに入ってずっと休んでいました。
寅が「お兄ちゃんあそぼ!あそぼ!」とけしかけても、反応してくれないのでミューミュしきりにひとりで文句を言っていましたが、ちゃんとお兄ちゃんを休ませてあげていました。ぼくもおりこうさん。

今朝は、キャットツリーから出てきていつものように「ゴハンくれ~」コールをしてくれて、ほっとしました!普通通りの量のごはんも食べられました。いまいちまだ元気が回復していませんが、そりゃ昨日いちにちいろいろ大変だったもんね。疲れてるよねー。ゆっくり休んでればすぐよくなるよ!
もらった薬は、人間用のように大きなカプセルなのですが、それも文句も言わずにのどの奥に入れさせてくれて、飲み込んでくれます。タマだったらぜ~ったいに無理

とにもかくも、大ちゃんの様子があまりにも突然おかしくなったので、本当にびっくりしました。
猫は一日でも絶食すると肝臓がオーバーワークしてしまい、大事に至ることがあるとよく聞くのでことさら心配しました。
今日のようすでは全快は間違いなさそうなのでほっとしました~!

それにしても動物保険に入っていてよかったぁ、とつくづく思いました。
保険にみんなを入れている一つの理由は、こうした場合、検査や治療に関してお金のことで悩まずに決断できることです。
え、、、その検査にその値段だったら今やる・やらない?と悩んだりしなくてよいこと。
ちなみにこの子たちの入っている保険は、一つのケース(病気や怪我)に対して自己負担が$200(約2万円)でその先は一万ドル(約100万円)までは100%カバーされます。
日本では動物保険、どれぐらい普及されていますか。





大ちゃんにポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

大ちゃん、5歳になりました♪

2014/03/10 Mon

 今日は大五郎の誕生日です

ぼくにもバースデーパーティーしてあげたいけどぉ、
ネコさんたちって猫関係っていろいろ難しくてぇ、
近所のネコさんたち呼んであげてもうれしくないもんねー。

ということで、ママがぼくにマルティーニで特別乾杯だよ。
  おめでとう~
IMG_7873_convert_20140310122502.jpg
 それって、、、毎晩飲んでるじゃん、ママ。。。
   ままま、細かいことは気にしないで。

大ちゃん、5歳になりました。
はっやいなー、もう~。
家に来た時はひょろひょろで、5ヶ月だったのに3ヶ月ぐらいにしか見えなかった子。
あのころはウィリーもケーシーも健在で、しっかりじーちゃんばーちゃんに教育してもらい、
そしてタマの激しい攻撃を毎日受け・・・
弁慶が初の弟分だったよね。
いまではタマともかなり同等に戦えるようになり、
真太郎の兄貴分であります。

先日獣医さんにタマのおそらくプラスティックアレルギーの話がでから、2匹のお皿を新調しました。

IMG_7888_convert_20140310122517.jpg

大五郎、左のねずみがついているお皿で食べ終わった後、
ぎょっとして、ねずみ退治に一所懸命手を出していました





大ちゃんに応援ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村
登場ワンニャン・他。 
♪真太郎:バーニーズ♂2012年3月生まれ ♪タマ:猫♀04年生 ♪大五郎:猫♂09年生 ♪寅:猫♂14年生 ♪優三:バニ♂17年生 ♪ご近所さん達キングスリー(バニ)とエラ(ビーグル) <にんげん>:すてさん♂ だんなさま・みんなのおとーさん。照明専門舞台裏方、セーリングに熱中。 ☆お星さまになった弁慶:バニ♂永遠の1歳 ☆ウィリー:猫♂享年17歳 ☆ケーシー:猫♀享年16歳                              

カルチョーフィ

Author:カルチョーフィ
人間♀。昭和生まれ。本業バイオリン弾き

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム