大ちゃん崖っぷちより生還。

2014/08/25 Mon

大五郎、実は水曜日にの緊急手術からずっと危ない状態が続いていました

もうそろそろ2週間前に、突然の発熱に食べなくなり慌てて病院に行き、その時のエコーで腸に炎症があることが判明して、抗生剤で治療をしました。一時は元気になったように見えたのですが、1週間後にはまた同じ症状でぐったりしてしまい、一晩入院して抗生剤の種類を変えて集中治療を試みましたがよくならず、もうすでにかなり状態は弱ってしまっていて新たな抗生物質を試す余裕がなくなってしまって緊急の手術となりました。
病気は人間で言うなれば、ようするに盲腸炎のようなものです。何らかの原因で腸の一部が炎症を起こしてしまったのです。
手術自体はうまく行ったのですが、手術の前日から風邪をひいたようなかんじの鼻炎を起こしていて、それも関係してか術後も何も食べられずみるみるうちに弱っていくばかりで、一度は家に帰ってきたものの、次の朝には病院に戻り、流動食を直接喉の下から流し込むチューブを着ける手術をしました。

チューブを着けて家に帰ってきてからの24時間、クローゼットに隠れるようにいるのでそこに作ってあげたベッドにぐったり、頭は床につけたまま、息は荒く、目を開けることもできないぐらい弱っている姿を見守っているのは本当につらかったです。

でもチューブで流動食と薬をあげだしてから1日半たった昨日の午後、みんなのゴハンの時間にぼくもほしい!とキッチンにやってきたんです!その時はまだ食べられませんでしたが、欲が出てきただけで十分数日ぶりにやっと息をつけました。

今朝の大ちゃんです

IMG_8881_convert_20140825112409.jpg

朝ごはんの時間にはみんなといっしょにキッチンに出てきて、ちょこっとだけ自力で食べられました。それからリビングに行って寅が遊ぶところをじっと見ていました。目つきもはっきりしいます

あ~、峠は越したんだ、とつくづく、しみじみ思えました。
きのうの夜中に、ここ北カリフォルニアでかなり大きな地震があったのですが、その時もちょうど大五郎の様子を見に行ったところでした。うちのモノ共たちは地震の予知能力は全くなかったのですが、階下に住むフレイアちゃんは地震の10分前ほどから吠えていたのです。そして突然やめたな、と思ったら地震が襲ったのでした。フレイアちゃん偉い!

IMG_8883_convert_20140825112432.jpg

まだまだちょっと起きていただけでも体力消耗してしまいますが、食欲、意欲が出てきてやっと安心できました。
この数日クローゼットの床で寝ていた私の腰もホッ

ぼくも心配したよ~

IMG_8882_convert_20140825112422.jpg

真太郎には本当にお世話になりました。大ちゃんの病院の行き来のいくどか、一緒に来てもらったことがどんなに私たちの支えになってくれたことか。家で大ちゃんに薬をあげたりチューブで流動食をあげている間も、いつも心配そうにおとなしく側にいてくれるんです。

寅は、大ちゃんが家に帰ってくると必ず「おにいちゃ~ん」と駆け寄って行って、犬のようにべろべろ大ちゃんの頭を舐めます。でも安静中はちゃんとおじゃましないで、おにいちゃんをそっとしてあげてくれました。

タマは、野生の本能なのでしょう、弱っている者には近づきません。でも悲しい思いをしている私を一所懸命気遣ってくれます。

寅もタマも風邪が移ってしまいましたが、ふたりは健康なので2,3日クシュンクシュンして治ると思います。

み~んなみんな本当にいい子たちです。
この子たちみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。






みんなの応援ポチッとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村

Comments

Secret

No title

地震は、だいじょうぶでしたか?
ニュースを見てびっくりしました。

わんこたち、動物の本能ってすごいですね。
フレイアちゃんの吠えたことも凄いけど、
真ちゃんたちの大ちゃんへの接し方。
わんこたちには、見習うことが多いなぁ。と、
思います。


大ちゃんの一日も早く回復しますように、お祈りしています。

Re: No title


v-14ミルさん、
たったいまミルさんのブログを訪問して「やることリスト」の可愛いメモ帳を見ていたところです。スマホにいちいち書き込むって面倒ですよね!やっぱり鉛筆と紙ですよ~。書くと頭にも残りやすいし。

動物たち、本当につくづく凄いなぁと思います。
こうして辛かったり、悲しいことがあっても、やっぱりこの子たちなしでは生きられないと思ってしまいます。

大ちゃん、日に日に元気が出てきています。全快には長い道のりになりますが、いまは家族みんなでほっとしています。応援ありがとうございます。

No title

おはようございます

地震のニュースみました。大変でしたね。
アスファルトが盛り上がってしまったところで、スケボーをする方を拝見して、アメリカの人達は明るいなぁと。
一日も早い復興をお祈りしてます。

大ちゃん、食欲がわいて少しずつ元気を取り戻されていて
よかったですね。
ご家族が一丸となって、大ちゃんを心配して見守って
ほんと家族っていいですねv-352
大ちゃんや、みなさんの健康を願っています。
早く、よくなりますように。

そういえば、いつだったかロッコもしばらく吠えていて
なんだろう?と思っていたら地震がきたことがあります。
ロッコはたまたまかもしれませんが、動物の予知ってすごいですよね。

No title

ずっと気になっていました。大ちゃん、回復傾向と言うことで、ホットしましたよ。本当によかったですね。
自分からごはんを食べてくれるようになったら、もうきっと大丈夫です!食事できれば回復も早いでしょう。

真ちゃんも大事な家族をちゃーんと心配していますね。
みんな本当にいいこです。

地震も大変でしたね。おうちの中のものなど大丈夫すか?日常生活に支障がないといいのですが…。

Re: No title


v-14ロッコ母さん、
いろいろご心配ありがとうございます。
地震はサンフランシスコは被害はなかったんです。車で45分ぐらいしか離れていないナパではあんなに被害があって不思議です。
ロッコちゃんも地震予知できたんですね~、えらい!

大ちゃん、昨日から調子が上がってきたのですが、今日はまた少し下がり気味で、ハハはまた少しくよくよしてしまいました。一番辛い大ちゃんがこんなにがんばっているのに私がめそめそしちゃいけないですよね。
ロッコ母さん、数か月のパッチくんの看病に今さらながら頭が下がります。一分一秒、子供の調子のアップダウンで笑ったり泣いたり。ロッコ母さんの精神力を見習わなければ!

Re: No title


v-14アイガー母さん、
いろいろとご心配かけています。
大ちゃんは、きのうは調子が上がっていたのですが今日は下がり気味。アップダウンがあるのは当たり前でも、いちいち少々へこたれてしまう私です。がんばっている大ちゃんの手前、がんばらないと!涙は家の外で。
真太郎たちみんなもとても協力的で、本当に助かっています。

地震はここサンフランシスコでは被害はほとんどなかったです。
ここでは、地震慣れしている日本人にとっては、ふ~ん、またちょっと揺れてるな~程度でした。
最初は外を大型観光バスが通ったのかと思っちゃいました。ははは。

No title

体力勝負なところありますからね~
免疫も落ちて来ちゃうし
色々重なって大変な事になっちゃたんですね
まだまだしばらくは
良かったり悪かったりだと思いますが
ママさんも精神的にも身体的にも
どうか無理されませんよう
大ちゃん~がんばれ

地震は大丈夫でしたか?
我が家も誰も探知せず
爆睡してました(笑)

No title

本当に心配で心配で。。。
地震もあったし、カルチョちゃん家がどれだけ影響あったかもわからないし、動物たちも不安だったんじゃないかと。。

大ちゃん、まさかと思って悪い方に考えないようにしてたけど。
そんなに重症だったなんて。
辛かっただろうに。
小さい身体で一生懸命がんばる姿を見てるカルチョちゃんご夫婦も、どれだけ心配だったことか。
自分でご飯食べられるようになったら、チューブは外れるの?
どうか、大ちゃんがまた元気にみんなと走り回れるように回復しますように。
まだまだ元気で長生きしなくちゃ!

No title

大ちゃん、大変だったけれどひとまず峠を超えて回復期に来ているとのことでホッとしました。
ぐったりしている姿を見るのは辛いですもんね。。
早く以前のような生活に戻れるといいですね!

東日本大地震の時華は。。。
普通に寝ていてムクッと頭を起こして「なんだ?なんだ?」ってな感じでしたよ…
でも世の中のワンコたちは察知して様子が違う子とかもいますもんね♪

Re: No title


v-14にゃん太さん、
ご心配おかけしております。ぺこっ。
今日やっとめちゃめちゃ信頼しているドクターに診てもらえました。(先週ずっとバケーションで先生いなくてv-406
抗生剤をもう一度別のターゲットにしたものに変えて、ステロイド治療も加えてみることになりました。
本当に体力勝負ですよね...先生も、調子が変わるまでまだまだ日数はかかるだろうと言いました。全快には長い道のりになりそうですが、大ちゃんめちゃがんばってくれています。

地震はここでは大したことなかったです。
そんなに近いところでこんな被害があったのがびっくりです。

Re: No title


v-14華ママさん、
ご心配ありがとうございます。
峠を越したと思っていても、また具合が悪そうにしていたこの24時間でしたが、今日とても信頼しているドクターに診てもらえてほっとしました。
全快までは時間がかかりそうですが、大ちゃん、すごくがんばってくれています。

華ちゃんの「なんだなんだ?」という顔、なんだか創造つきますi-176

Re: No title


v-14比呂美ちゃん、
心配かけてごめんね、いろいろおもってくれてありがとうi-175
チューブを入れて、これでもう大丈夫なんて思っていても、この24時間ほどまたぐったりしていた姿をみているのはまた辛かったです。でも今日絶大な信頼を寄せているドクターにやっと見てもらえて、(先週ずっとバケーションでいなくて~)少々安心しました。
様子が変わるまでまだ日数がかかるだろうと言われました。それからチューブもまだ何週間かはつけたままかもしれません。一応今は自力で食べることもするのですが、流動食に薬を混ぜて確実に摂取してもらうことを続けないとなんです。幸いにも大ちゃんはそんなに嫌がらずにチューブで受け付けてくれます。お薬のひとつも皮下に毎日注射しなければならないのですが、これもいつもとてもお利口にしていてくれます。

まだ5歳!大ちゃんがんばります。

No title

そうかそうか。。
大ちゃん、チューブ流動食も注射もイヤだろうに。
がんばって耐えて、病気と闘ってるんだね。
そんなに強い子なら大丈夫だよね。
まだ5才!本当ならまだまだ元気いっぱいの歳だもんね。
あんずの元気パワーを日本から送れるよう応援してます。

Re: No title


v-14比呂美ちゃん、
ありがとう~。あんずちゃんによろしく!
登場ワンニャン・他。 
♪真太郎:バーニーズ♂2012年3月生まれ ♪タマ:猫♀04年生 ♪大五郎:猫♂09年生 ♪寅:猫♂14年生 ♪優三:バニ♂17年生 ♪ご近所さん達キングスリー(バニ)とエラ(ビーグル) <にんげん>:すてさん♂ だんなさま・みんなのおとーさん。照明専門舞台裏方、セーリングに熱中。 ☆お星さまになった弁慶:バニ♂永遠の1歳 ☆ウィリー:猫♂享年17歳 ☆ケーシー:猫♀享年16歳                              

カルチョーフィ

Author:カルチョーフィ
人間♀。昭和生まれ。本業バイオリン弾き

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム