2018-02- / 01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2013.12.15 (Sun)

中耳炎

真太郎、けっこうしょっちゅう頭を振りだし、お耳カイカイ。
そして耳の臭いを嗅ぐとくっさ~い
バニ飼い主さんには特におなじみと思われます、中耳炎-Ear Infection-ですよね。

あ、またか~。。。と言うと安易に1年ほど前に近所の獣医さんから出された、Mometamaxという点耳の薬を何も考えずに使ってきました。
でも今回、その薬が切れてしまって新たに診てもらいに、今度はサンフランシスコ・ヴェテレナリー(獣医学)スペシャリストという最先端をいく救急病院に行ってきました。

中耳炎のためにわざわざ!
大それたように聞こえますが、ここの内科のディレクターのM先生にはもう何年もお世話になっており、本当は救急ケースしか扱ってくれないのですが、このM先生がここの皮膚科の先生に診てもらえるようにはからってくださったのです。
M先生は、私たちの弁慶を亡くした時(あの子とはここのERでお別れしました)、猫たちとのお別れ。。。でも悲しみばかりではありません。みんなの介抱にむかった時の喜びも、ドクターMがずっと見守ってきてくれました。若いのに本当に素晴らしい先生なんです。

くんくん、ここは知らない診察室だぞ~。

IMG_7156_convert_20131215114837.jpg

結果、単に中耳炎と言ってもいろいろあったのですねー。
皮膚科の先生、ドクターVの説明では、まずどの菌が原因かつきとめる。
イースト菌だけの場合は、よく出される薬(私たちが使っていたMometamaxなど)に含まれる抗生物質は必要ないし、身体に良い菌まで抗生物質にやられないように、イースト菌だけを的にした薬を処方する。
ふ~ん。なるほど~。
安易に抗生物質を与えていては、菌がそれに強くなっていってしまったりするんですよね。

案の定、真太郎の今回のカイカイはイースト菌だけでした。その場で右端に移っているプラスティックの注射器のようなもので、ペースト状の薬を耳に注入。
2週間経っても良くならないようだったら連絡を、そしてその後はこれで週1に耳の洗浄を、と洗浄液をもらいました。

さて気になる今回のお支払い。
$326!(¥35000弱)
う~ん。。。
保険あってよかったぁ。
それでも自己負担は$120ぐらいになります。

はははー。ぼくのクリスマスプレゼントだよ~




応援ポチッとお願します♪
にほんブログ村 犬ブログ バーニーズマウンテンドッグへ
にほんブログ村
12:35  |  真太郎  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

★No title

エルフも、耳を
パタパタしてました。
そういえば耳掃除サボってました。
ミルクもエルフも、垂れ耳なので、ちょっとサボると大変なことになります、

アメリカは、動物医療の最先端。
いい先生に巡り合えるって、安心できますね。

ミルさん |  2013.12.15(Sun) 13:55 |  URL |  [Comments:編集]

★No title

信頼できる獣医さんがいるって素晴らしいことですよね。
華も先日耳が臭くて…獣医さんへ連れて行ったら耳垢が奥の方にたまっているってv-12
いつもは拭き掃除でしたが洗浄液で洗って少しづつ落としていくことになりました。。恥ずかしい~
真ちゃん、しっかりお薬で治るといいですね。
華ママ |  2013.12.15(Sun) 21:22 |  URL |  [Comments:編集]

★Re: No title


v-14ミルさん、
やっぱりミルクちゃんも、ですか。
お耳掃除は脱脂綿で拭くようなかんじでしますか?
どこにいても信頼できるお医者さんに出会えるのって本当に大事ですよね。
私たちはこのM先生に会えて本当に恵まれています。
カルチョーフィ |  2013.12.16(Mon) 07:47 |  URL |  [Comments:編集]

★Re: No title


v-14華ママさん、
洗浄液のお掃除は嫌がりませんか~。あれ、ちょっとかわいそうですよね。。。
何につけても、どこにいても、絶対な信頼関係を持てるお医者さんにめぐり合えるってダンナをみつけるより大変ですよね~??
カルチョーフィ |  2013.12.16(Mon) 07:50 |  URL |  [Comments:編集]

Comments:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・Deleteするのに必要
SECRET  管理者だけにComments:を表示  (非公開Comments:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のTrackbacks URL

→http://carciofi.blog.fc2.com/tb.php/327-36d04614

Use trackback on this entry.

この記事へのTrackbacks:

▲PageTop

 | BLOGTOP |